光回線の評判がよい会社は?人気の回線を紹介

未分類

光回線の評判がよい会社について気になっていませんか?今回は光回線の基礎知識とともに、光回線の評判がよい会社を紹介します。

 

光回線とは?選ぶポイントを解説

光回線は光ファイバーと呼ばれるケーブルを使ったインターネット接続サービスで、ケーブルテレビやモバイル回線よりも高い通信速度が期待できると言われています。光回線を選ぶ際には、以下の点を比較することが大切です。

 

月額料金

一般的な光回線の月額料金は、戸建ての場合は5,000円、マンションの場合は4,000円となっています。割引がある安い光回線もありますが、契約期間が長かったり、違約金が高額だったりするケースが多いので、一概に安いのが良いとは言えません。

 

まずは光回線の相場を知った上で、後ほど説明する項目を参考に自分の状況に合った光回線を選びましょう。ちなみに業者と別途契約が必要な光回線は、料金が比較的高いのでおすすめできません。

 

スマートフォンと連携

最近ではスマホと光回線の組み合わせも人気の選択肢の一つです。これらのパッケージ割引の最大の特徴は、スマホ代が毎月500円~1,000円割引になることです。しかも割引は家族全員分なので、一緒に契約する人が増えれば増えるほど、お会計の際に割引が適用されます。

 

auひかりやNURO光でも毎月のスマホ料金の割引は行っていますが、サービス可能エリアが限られているので、検討している方は自分のエリアが契約可能かどうかを事前に確認しておくと良いでしょう。

 

プロバイダー

プロバイダーとは、お客様の光回線をインターネットに接続する会社のことです。光回線ごとにプロバイダーがあり、主な違いは「速度」と「サービス内容」です。特に速度はプロバイダーの設備によって無視できないほど影響を受けるので、設備やサポート体制が充実している大手プロバイダーを選ぶことができる光回線を選ぶことをおすすめします。

 

特典

月額料金やスマホパッケージの特典に加えて、特典を検討することで、さらにお得になります。特に光回線を選択した場合は、一定期間インターネットを安く利用できる月々の割引が適用されます。月々の料金にこだわるのであれば、月々の割引キャンペーンで光回線を選ぶのがおすすめです。

 

また、現在では多くの光回線が「工事費ほぼ無料」という魅力的なオファーを出しています。回線を2年から5年利用すると、通常15,000円から40,000円の工事費がかかりますが、これが実質無料になります。利用年数と比較して実質無料になるかどうかは検討ポイントの1つです。ちなみにキャッシュバック特典や違約金をカバーする件については、申し込み窓口によって特典の内容や条件が変わるので、事前に確認しておきましょう。

 

光回線の評判がよい会社は?

ここまでは、「光回線とは」という基礎知識や、選ぶポイントについてお伝えしました。光回線に関する理解を、より深めることができたのではないでしょうか。では次は「光回線の評判がよい会社」について、紹介していきましょう。ここで紹介しておきたい会社を先にまとめますと、以下のようになります。

 

・ドコモ光

・So-net光プラス

・NURO光

・ソフトバンク光

・auひかり

 

それぞれの会社の具体的内容について、次項より紹介していきます。

 

ドコモ光

ドコモユーザーに最もおすすめの光回線は「ドコモ光」になります。ドコモ光は、NTTドコモが提供する最大1Gbpsの光回線です。月々の利用料は、戸建てが5,200円、マンションが4,000円です。

 

ドコモのスマホと同じ名義で「ドコモ光」を契約すると、「ドコモ光セット割」で毎月最大1,000円のドコモのスマホ料金が割引になります。

 

また、ドコモの「家族割」に加入すると、家族のスマホ代も割引され、家族でドコモのスマホを4台持っていると月々最大4,000円もお得になります。

 

また、24のプロバイダーから選べるので、プロバイダー独自のメリットや評判を比較して、自分に合ったものを契約することができます。また、工事完了までの期間はモバイルWi-Fiを無料で貸してくれるので、ネットが使えない期間がないのも嬉しいですよね。

 

OCN for ドコモ光
NTTドコモとOCNがセットになった「OCN for ドコモ光」の月額料金・サービスなどのご案内。
ドコモ光 for plala
NTTドコモとぷららがセットになった「ドコモ光 for plala」の月額料金・サービスなどのご案内。

 

So-net光プラス

So-net光プラスは、フレッツ回線とプロバイダのSo-netを組み合わせたサービスで、月額料金の安い光回線をお探しの方におすすめです。So-net光プラスは、マンションなら月々2,480円、戸建てなら月々3,480円で2年間利用できるので、相場よりも月々1,500円ほど安くなっています。

 

また、So-net光電話(月額500円)を契約すると、「auスマートバリュー」でauスマートフォンの料金が毎月最大1,000円引きになります。家族のスマホ代も安くなるので、家族でau契約者が増えれば増えるほどお得になります。auスマートバリューの対象となっている光回線の中では比較的安価なため、auユーザーの間ではよりおすすめの光回線となっています。

 

ここをおすすめするもう一つの理由は、全国エリアに対応していることです。引越しの際には、引越し料金がたったの9,000円で済みますし、解約料も無料になります。

 

プロバイダーは大手のSo-netで、他の光回線のプロバイダもSo-netを選ぶ人が多く、So-netだから速いというわけではありませんが、総合的に見て満足のいく光回線です。

 

なお、So-net光プラスの申し込みは、公式サイトやネット代理店からも可能ですが、公式サイトだけはマンションが2,480円、戸建てが3,480円となっています。

 

NURO光

関東・東海・関西・九州・北海道エリアにお住まいで、高速な光回線が欲しい方には「NURO光」がおすすめです。

 

マンションに住んでいる場合は、オーナーの許可が必要なため利用できないケースもありますが、全体的には戸建住宅やマンションでもオーナーの許可があれば登録できるので、戸建住宅に住んでいる人におすすめです。NURO光は、最大2Gbpsの高速通信を提供しています。戸建てもマンションも、他社の光回線の2倍の速度を利用することができます。

 

NURO光はv6 plusにも対応しているのでより安定した速度が得られますし、オンラインゲームで重要なPing値も低くなると言われているので、良好な通信速度が期待できます。

 

月額料金も戸建・マンションともに平均4,743円となっていますので、他社の光回線では満足できず、速い光回線をお探しの方にはNURO光をおすすめします。マンションNUROが設置されているマンションで月額1,900円から利用可能です。

 

また、NURO光を契約したソフトバンクのスマホユーザーには、ソフトバンクのスマホ購入が最大1,000円引きになる「おうち割光セット」が適用されるのもおすすめポイントです。

 

ちなみにNURO光は、基本的にはオンラインでの申し込みとなります。申し込みはNURO光公式サイト、またはオンライン代理店で行えます。

 

NURO光のキャンペーンは同時に利用することができないので、キャンペーンの総額や条件などを比較して、最も総額を節約できるタイミングで申し込みましょう。

 

NURO光

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザーに最もおすすめの光回線は「ソフトバンク光」になります。ソフトバンクはフレッツ回線とヤフーBBを組み合わせているので、工事なしでフレッツ光からの乗り換えが可能です。

 

ソフトバンクのスマホやワイモバイルのスマホを利用している方は、ソフトバンク光に登録すると「おうち割」を利用してスマホ料金を月々1,000円までお得にすることができます。

 

家族や同じ住所に住んでいる人も対象となりますので、例えば家族4人でソフトバンクのスマホを使っている場合、月々最大4,000円の節約になります。

 

また、モバイルWi-Fiや他社回線からソフトバンク光に乗り換えた場合、「あんしん乗り換えキャンペーン」で他社から最大10万円を受け取ることができます。解約違約金や残工事費、解体工事費などの解約にかかわる手数料のほとんどが手に入るので、ソフトバンク光への乗り換えにお金がかかる方におすすめのキャンペーンです。

 

ちなみにソフトバンク光はさまざまな窓口で申し込むことができますが、3万円~3万5千円を現金でもらえるネット代理店がおすすめです。

ソフトバンク光キャンペーン
ソフトバンク光の当サイトキャンペーン。新規加入で最大49,000円キャッシュバック!ソフトバンク光の基本契約で49,000円CB、さらに公式キャンペーンで月額料金も大幅割引!

auひかり

auユーザーにおすすめの光回線は「auひかり」です。auひかりは、関西地方・中部地方・福井県・沖縄県ではご利用いただけません。 また、お住まいのマンションやアパートの設置設備によっては、そもそも契約できない場合があります。エリア外の場合は、So-net光プラス、またはauスマートバリューに対応している地域の光回線を選択してください。

 

そんなauひかりを契約すると、auスマートバリューで毎月のauスマホ代が最大1,000円引きになります。例えば、家族に4人のauがいる場合、月に合計4,000円の節約になります。

 

auスマートバリューに申し込むには、auひかり電話オプション(月額500円)を申し込む必要がありますが、家族の場合は5年間無料になります。

 

また、auひかりでは、8つのプロバイダーからそれぞれ独自のキャンペーンを実施しているのもポイントです。

 

また、月額料金の割引やキャッシュバックイベントなどのお得な特典もたくさんあるので、比較して自分の利用状況に合ったものを探してみましょう。

 

なお、auひかりの申し込み窓口は、公式サイト、プロバイダのサイト、家電量販店、auショップ、オンライン代理店の5つです。どこから申し込んでも工事費無料キャンペーンや他社からの解約違約金をカバーしてもらえる「乗り換えキャンペーン」を受けることができます。

auひかり×@T COM キャンペーン一覧
auひかり×@T COM(アットティーコム)のキャンペーンについてご案内。KDDI公式特典の工事費キャンペーンや違約金還元の新スタートサポートに加え、当サイト限定のキャッシュバックキャンペーンなどトータルで最大121,250円もお得!

 

まとめ

今回は光回線の基礎知識とともに、光回線の評判がよい会社を紹介しました。あらためてまとめすと、以下のようになります。

 

・ドコモ光

・So-net光プラス

・NURO光

・ソフトバンク光

・auひかり

 

今後、光回線を検討するなら、今回の記事を参考にしてみてください。