【大手3キャリアのスマホ料金が値下げ!?】ドコモ・ソフトバンク・auの新プランとは?

ついに大手3キャリアのスマホ料金も安くなる!?ドコモの新料金プランとは? その他光回線の比較

ドコモが新たな料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表し、続いてソフトバンクやauも新プランなどを発表しましたが・・・

中には「格安スマホに乗り換えるか悩んでいたけど、大手3キャリアの料金プランが安くなるならプラン変更をしようかな」、「久しぶりにスマホのキャリアを乗り換えようかな」と思った人も多いのではないでしょうか。

ですが最近は、auのスマホを使ってるなら!

  • auひかり(インターネット回線)
  • au Payカード(クレジットカード)
  • auじぶん銀行(銀行口座)
  • au Pay(キャッシュレス決済アプリ)

など関連サービスを利用するとお得になるので、まとめて利用している人も多いですよね。

そのため、スマホを乗り換えてしまうと毎月加算されていたスマホ料金分のポイントなどはなくなってしまうので「まとめた意味がなくなる?」、「でも固定費はできるだけ節約したい!」という人に、最適な方法について解説していきます!

ドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」とは?

【オンライン専用】ドコモの新プラン
ahamo(アハモ)の詳細

月額料金 2,980円
データ容量 20GB
音声通話 1回あたり5分以内の国内通話無料
ネットワーク 4G/5G
手続き方法 オンライン
(専用Webサイト)
ファミリー割引 申し込み可能(割引特典対象外※1)
みんなドコモ割 対象外(カウント対象※2)
ドコモ光セット割※3 対象外(ペア設定は可能※4)

※1 家族間通話無料について、ahamo契約回線からの発信は対象外となりますが、ギガプランなどを契約中の同一「ファミリー割引」グループ回線からのahamo契約回線への発信については無料となります。

※2 同一「ファミリー割引」グループ内における、音声通話が可能な料金プラン(2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランを除く)契約回線がカウント対象となり、「ドコモのギガプラン」の月額料金から割引します。ahamo契約回線についても、「みんなドコモ割」のカウント対象となります。

※3 同一「ファミリー割引」グループ内での「ドコモ光」のご契約が必要となり、別途費用がかかります。「ドコモ光」契約者または同一「ファミリー割引」グループ内の「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」の契約者が対象です。同一「ファミリー割引」グループ内で「ドコモ光ミニ」のみご利用の場合は、割引条件などが異なります。

※4 ahamo契約回線がドコモ光ペア回線となる場合、同一「ファミリー割引」グループ内の「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」契約者については「ドコモ光セット割」の対象となります。

 

本格的に「ahomo(アハモ)」が提供開始されるのは2021年3月ですが、2020年12月3日~先行エントリーを開始!

ソフトバンクの新プラン「SoftBank on LINE」とは?

【オンライン専用】新ブランド
SoftBank on LINEの詳細

月額料金 2,980円
データ容量 20GB
音声通話 1回あたり5分以内の国内通話無料
ネットワーク 4G/5G
手続き方法 オンライン

 

ドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」と同じく毎月20GBのデータ量で月額2,980円!

 

「SoftBank on LINE」も提供開始は2021年3月予定。

 

またLINEトーク・LINE通話などがギガノーカウントの対象予定となっているのも魅力!

auの新プラン「povo(ポヴォ)」とは?

【オンライン専用】auの新プラン
povo(ポヴォ)の詳細

月額料金 2,480円
データ容量 20GB
音声通話 国内通話:20円/30秒
ネットワーク 4G/今夏5G対応
手続き方法 オンライン

 

auの「povo(ポヴォ)」も月額500円のオプションに加入すれば、ドコモの「ahamo(アハモ)」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」と同じく1回あたり5分以内の国内通話が無料!

 

また「povo(ポヴォ)」の提供開始も2021年3月予定となっています。

 

今までドコモ・ソフトバンク・auの大手3キャリアの料金プランは・・・

①使った分だけのプラン
②使い放題のプラン

の2つが主流でしたが、このようにオンライン専用ですが20GBと新しいデータプランが追加されるので、「データ量も欲しいけど料金も安く抑えたい!」という人にはぴったりではないでしょうか。

 

また毎日動画を見たりSNSを更新するので「20GBでは足りない!」という人は、やはり大手3キャリアの使い放題プランがお得ですが!

 

1GBなど「データ量は少なくていい!」という人は、データ容量が細かく区切られている格安SIM・格安スマホの方がお得になる場合も。

データ量が10GB以下なら!格安SIM・格安スマホがおすすめ

【 格安SIM・格安スマホの料金比較 】

Y!mobile
(ワイモバイル)
UQ mobile
(ユーキューモバイル)
楽天モバイル LINEモバイル OCNモバイルONE LIBMO
(リブモ)
1GB 楽天回線
使い放題

2,980円
※パートナー(au)回線:5GB/月
1,180円
3GB 1,980円 1,480円 1,480円 1,480円 1,580円

6ヵ月間
980円
6GB 2,200円 1,980円 2,180円

6ヵ月間
1,580円
10GB 2,980円 2,880円 2,980円

6ヵ月間
2,380円
12GB 3,200円
14GB
15GB 2,480円
20GB 3,780円 4,400円 4,680円

6ヵ月間
4,080円
25GB 3,480円

※Y!mobile・UQmobile:2021年2月開始予定の新プラン

 

毎月データ量は1GB~3GBなど「少ないプランで十分!」という人は、格安SIM・格安スマホなら毎月のスマホ料金を1,000円代まで抑えることができるのでとてもお得!

 

ですが「データ量は毎月10GB以上欲しい!」という人は、格安SIM・格安スマホだと10GBの場合3,000円前後となっているため、ドコモの新プラン「ahamo(アハモ)」やソフトバンクの新ブランド「SoftBank on LINE」、auの新プラン「povo(ポヴォ)」の方がお得という結果に。

 

また冒頭でも説明したように、スマホのキャリアにあわせてインターネット回線やクレジットカードに銀行口座などの関連サービスをまとめている人は、すべて乗り換えとなると確かに面倒ですよね。

 

そのため、乗り換え後に後悔しないよう、今よりもトータルの料金が安くなるのかを一度比較してから、乗り換えを検討しましょう!

 

「SoftBank on LINE」や「povo(ポヴォ)」はまだインターネット回線とのセット割が適用になるかなどの詳細はでていませんが、スマホやインターネット回線などは選択肢がたくさんあるので、やはり自分にあったものをしっかり見極めることが毎月の出費を抑えることに、結局つながるのではないでしょうか。

 

それでは、この機会に「定期的に料金の見直しをしようかな」と思い始めた人が今後乗り換えがしやすいよう、インターネット回線も料金が安いものを契約する場合、どこがおすすめなのか?もあわせて解説していきますね!

乗り換えがしやすいよう料金の安さでインターネット回線を契約するなら?

【 光回線の料金比較 】

光回線 マンションタイプ
(集合住宅)
ファミリータイプ
(戸建て)
光コラボ
ドコモ光
タイプA 4,000円
タイプB 4,200円
タイプA 5,200円
タイプB 5,400円
光コラボ
ソフトバンク光
3,800円 5,200円
光コラボ
OCN光
3,600円 5,100円
光コラボ
@TCOMヒカリ
3,800円
新規契約の場合
キャンペーンの適用で

12ヵ月間
2,900円~
5,100円
新規契約の場合
キャンペーンの適用で

12ヵ月間
3,900円~
光コラボ
ビッグローブ光
3,980円 4,980円
光コラボ
ニフティ光
3,980円 5,200円
光コラボ
So-net光プラス
4,480円 5,580円
独自の光回線
auひかり
3,400円~5,000円
※建物の設備等によってプランが決まります
5,100円
独自の光回線
NURO光
4,743円

 

光回線の月額料金はこのように住んでいる建物のタイプによって異なりますが・・・

 

マンションなどの集合住宅の場合 大体3,500円前後、戸建ての場合 大体5,000円前後!

 

ちなみに工事不要のWi-Fi(モバイルWi-Fiやホームルーター)の月額料金も大体3,000円~4,000円程度のため、通信制限などを気にせず快適にインターネットを楽しむなら、やはり光回線の方がおすすめ!

 

光コラボとは?
NTT提供の光回線「フレッツ光」の卸しを受けた各事業者がプロバイダなど独自のサービスとセットにして提供している光回線サービスのため、通信速度や提供エリアは「フレッツ光」と同じく高品質なのが魅力!


独自の光回線とは?
自社の回線サービスを提供している光回線サービスのため、提供エリアが限られていますが通信速度は「フレッツ光」よりも速いプランを提供しているところも。

月額料金が安い!おすすめの光回線①@TCOMヒカリ

現在モバイルWi-Fiやホームルーターなど工事不要のWi-Fiを利用している人や、光回線以外のインターネット回線を利用している人が「@TCOMヒカリ」を新規契約した場合、2年割(2年バリューパック)に加え、月額料金がさらに割引されるキャンペーン(月額料金12ヵ月割引)も適用されるため、よりお得な料金で始めることが可能!

 

【 @TCOMヒカリの料金詳細 】

マンションタイプ
(集合住宅)
ファミリータイプ
(戸建て)
月額料金 2年バリューパック適用で
3,800円のところ新規契約の場合

月額料金12ヵ月割引適用で
2,900円~
2年バリューパック適用で
5,100円のところ新規契約の場合

月額料金12ヵ月割引適用で
3,900円~
契約事務手数料 3,000円
工事費 15,000円
実質半額
18,000円
実質無料

 

@TCOMヒカリのメリット!

  • ①新規契約の場合キャンペーン適用で月額料金がとてもお得
  • ②工事費も戸建てなら実質無料・集合住宅なら実質半額負担
  • ③5年連続通信速度を表彰するスピードテスト最優秀賞受賞

 

@TCOMヒカリは通信速度を表彰する「RBB SPEED AWARD」も5年連続最優秀賞を受賞しているので、自宅でさくさく快適にインターネットを利用したい人にも安心。

 

さらに下記のキャンペーンサイトより、@TCOMヒカリを申し込むと加入特典で最大30,000円のキャッシュバックももらえるので、少しでもお得に申し込みたい人は申し込み窓口選びも重要です!

 

@TCOMヒカリの申し込みでキャッシュバックをお得にGETするなら▼

@TCOMヒカリの申し込みで最大3万円キャッシュバック

 

@TCOMヒカリはauスマホとのセット割(auスマートバリュー)や格安SIM・格安スマホ「LIBMO(リブモ)」とのセット割(SIM×光セット割)が可能!

月額料金が安い!おすすめの光回線②OCN光

「月額料金の安さも重要だけど、やっぱり安心感のあるブランドがいい!」という人におすすめなのが、NTTグループが提供する光回線「OCN光」!

 

OCN光はNTTブランドという安心感もあり、月額料金もリーズナブルなので人気光回線のひとつ。

 

【 OCN光の料金詳細 】

マンションタイプ
(集合住宅)
ファミリータイプ
(戸建て)
月額料金 3,600円 5,100円
契約事務手数料 3,000円
工事費 15,000円 18,000円

 

OCN光のメリット!

  • ①NTTブランドの安心感
  • ②無料訪問サポートで接続設定をおまかせ
  • ③IPoE接続が標準装備

 

OCN光は初回に限りインターネットなどの接続設定を無料で訪問サポートしてくれるので、インターネットに詳しくない人にも安心!

 

また最近は次世代通信といわれている「IPoE接続」を利用したいという人が増えていますが、OCN光なら「IPoE接続」が標準装備されているため、別途オプションの加入が不要という点も魅力です。

 

OCN光も申し込み窓口がいくつかありますが、その中でも下記のキャンペーンサイトならオプションの加入も不要なうえに、最短2ヵ月で還元とキャッシュバックの条件がよかったので、加入特典をお得に受け取りたい人は要チェック!

 

OCN光の申し込みでキャッシュバックをお得にGETするなら▼

オプション不要!OCN光の申し込みで23,000円キャッシュバック

 

OCN光は格安SIM・格安スマホ「OCNモバイルONE」とのセット割(OCN光モバイル割)が可能!

超高速通信で快適!おすすめの光回線③NURO光

先ほどおすすめした2つの光回線はフレッツ光の卸し提供サービス「光コラボ」のため、フレッツ光同様高品質で通信速度も最大1Gbpsと高速通信なのが魅力ですが・・・

 

マンションタイプの場合、実は建物の設備によって配線方式が異なるので、通信速度が最大100Mbpsの場合も!

 

【 マンションタイプの配線方式 】

配線方式 通信速度
光配線方式
(光ファイバーケーブルを利用した配線方式)
最大1Gbps
VDSL方式
(電話回線を利用した配線方式)
最大100Mbps
LAN配線方式
(LANケーブルを利用した配線方式)

 

そのため、月額料金の安さよりも通信速度の速さの方が重要!という人は、独自の回線サービスを提供している光回線がおすすめです。

 

TVCMでも話題の「NURO光」なら、通信速度が最大2Gbpsと超高速通信!

 

【 NURO光の料金詳細 】

マンションタイプ
(集合住宅)
ファミリータイプ
(戸建て)
月額料金 4,743円
契約事務手数料 3,000円
工事費 40,000円
実質無料

 

NURO光のメリット!

  • ①最大2Gbpsの超高速通信
  • ②Wi-Fiルーターやセキュリティサービスも込みでお得
  • ③工事費がキャンペーンの適用で実質無料

 

NURO光はマンションタイプの場合でもファミリータイプ同様、直接宅内に回線を引き込むため、最大2Gbpsの超高速通信でインターネットを利用することが可能!

 

ですが独自の光回線のため、提供エリアが限られていたり、工事も宅内と屋外の2回必要であったりするため、少しハードルは高めとなっています。

 

またNURO光の料金は戸建てもマンションも月額4,743円のため、一見高く感じる人もいるかと思いますが、高速無線LANルーターやインターネットに欠かせないセキュリティサービスなども込みの料金となっているので実はとてもお得!

 

さらに工事費もキャンペーンの適用で実質無料と初期費用もお得に。

 

そのため、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる人で「オンラインゲームをよくするのでやっぱり通信速度にはこだわりたい!」、戸建てに住んでいる人で「月額料金も安くて超高速通信のインターネット回線を契約したい!」という人は、まずは公式サイトにてエリア判定をしてみるのがおすすめです。

 

エリアの詳細確認はこちらから▼

 

NURO光の申し込みでキャッシュバックをお得にGETするなら▼

NURO光の申し込みで最大55,000円キャッシュバック

まとめ

大手3キャリアの新プラン、ドコモの「ahamo(アハモ)」やソフトバンクの「SoftBank on LINE」にauの「povo(ポヴォ)」の登場で久しぶりにスマホの乗り換えやプラン変更を検討し始めた人も多いかと思いますが、今回紹介したように今はインターネット回線など複数のサービスをまとめてお得にしている人も多いですよね。

 

そのため、すべて乗り換えるのか、それともそれぞれ料金が安いものを組み合わせて利用するのか、この機会に色々と料金の見直しをしてみるのはいかがでしょうか。

 

人気光回線をお得に申し込むなら▼

光コラボレーションのお申し込みはこちら