【料金重視の人におすすめ】月額料金が安い光回線とは?

その他光回線の比較

通信量を気にせず自宅で存分にインターネットを利用するなら、やはり高速通信の「光回線」がおすすめですが、光回線の料金はプロバイダによってさまざま!

そこで当コラムでは「高速インターネットをお得に利用したい!」という料金の安さ重視の人におすすめの光回線はどこなのか?

料金を比較し、最安値の光回線を調査していきます!

高速通信の光回線を少しでもお得に利用したい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

光回線の料金の相場とは?

光回線の料金プランは、まず住んでいる建物によって異なります。

 

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる人はプロバイダによっては、建物の設備や世帯数によって料金プランが異なる場合もありますが、光回線の料金の相場は以下の通り!

 

光回線の料金相場!

戸建て:月額5,000円前後
(ファミリータイプ)

集合住宅:月額3,500円前後
(マンションタイプ)

 

また光回線は新規で契約する場合、お部屋に回線を引き込むための工事が必要となるため、月額料金とは別に工事費も加算されます。

 

それでは、実際に人気光回線10社の料金を比較してみましょう!

人気光回線10社の料金比較

ファミリータイプ
(戸建て)
マンションタイプ
(集合住宅)
フレッツ光 月額料金 4,300円~
(+プロバイダ料金)
2,850円~
(+プロバイダ料金)
工事費 最大18,000円 最大15,000円
ドコモ光 月額料金 5,200円~ 4,000円~
工事費 最大18,000円 最大15,000円
ソフトバンク光 月額料金 5,200円 3,800円
工事費 最大24,000円
⇒他社から乗り換えなら実質無料
auひかり 月額料金 5,100円 3,400円~
工事費 37,500円
実質無料
30,000円
実質無料
OCN光 月額料金 5,100円 3,600円
工事費 最大18,000円 最大15,000円
楽天ひかり 月額料金 4,800円 3,800円
工事費 最大18,000円 最大15,000円
ビッグローブ光 月額料金 4,980円 3,980円
工事費 最大30,000円
実質無料
最大27,000円
実質無料
ニフティ光 月額料金 5,200円 3,980円
工事費 最大18,000円
実質無料
最大15,000円
実質無料
So-net光プラス 月額料金 5,580円 4,480円
工事費 最大24,000円
実質無料
NURO光 月額料金 4,743円
工事費 40,000円
実質無料

 

「フレッツ光」はプロバイダが別契約のため、契約するプロバイダによって月額料金は異なります。

 

また「auひかり」のマンションタイプも建物の設備や世帯数によって料金プランが異なるため、料金の安さで光回線を選ぶならマンションタイプは「OCN光」、ファミリータイプなら「NURO光」や「楽天ひかり」、「ビッグローブ光」がおすすめです。

現在光回線を契約中の人は工事不要になる場合も

先ほど光回線を新規で契約する場合、月額料金とは別に工事費も発生すると説明しましたが、現在光回線を契約中の人なら工事不要で乗り換えることができる場合も!

 

工事不要で乗り換えが可能な場合とは?

✅ 「フレッツ光」を契約中の人が「光コラボ」へ乗り換える場合
✅ 「光コラボ」を契約中の人が新たな「光コラボ」へ乗り換える場合

 

光コラボとは・・・「フレッツ光」の回線を借り受けプロバイダなど独自のサービスとセットにして提供している光回線サービス

光コラボ事業者 OCN光・ドコモ光・ソフトバンク光・楽天ひかり・ビッグローブ光・ニフティ光・So-net光プラスなど

auひかりやNURO光は独自の回線サービスを提供しているため、光コラボとは異なり独自の光回線となります。

 

フレッツ光から光コラボへ乗り換える場合を「転用」、光コラボから新たな光コラボへ乗り換える場合を「事業者変更」といい、回線をそのまま引き継ぐことができるので、簡単な手続きのみで乗り換えることが可能!

 

光コラボもフレッツ光の回線を利用しているため、このようにフレッツ光や光コラボ間の乗り換えなら、工事不要で乗り換えることができます。

 

そのため、料金の見直しなどで定期的に光回線を乗り換えたい人は、この機会に「光コラボ」へ契約しておくのもいいかもしれませんね!

光回線の契約パターン

✅ 契約パターン①「新規契約

  • インターネット回線を何もひいていない人
  • モバイルWi-Fiなど他社回線のインターネットを利用中の人

「新規契約」の場合、光回線の開通工事が必要となります。

 

✅ 契約パターン②「転用

「フレッツ光」を契約中の人が「光コラボ」へ乗り換える場合

回線をそのまま引き継ぐことができるので工事不要!

 

✅ 契約パターン③「事業者変更

「光コラボ」を契約中の人が新たな「光コラボ」へ乗り換える場合

回線をそのまま引き継ぐことができるので工事不要!

さらに毎月の料金をお得するなら!スマホとセット利用がおすすめ

光回線の多くはスマホとセットで利用すると、スマホの料金が割引されるセット割引を実施しているところが多いため、毎月の料金を少しでも節約したい人はスマホとネットをセットで利用するのもおすすめです!

 

携帯・スマホのキャリア 対象光回線 割引額
ドコモ ドコモ光 最大1,000円
ソフトバンク ソフトバンク光
NURO光
最大1,000円
au auひかり
So-net光プラス
ニフティ光
ビッグローブ光
@TCOMヒカリなど
最大1,000円
格安SIM・格安スマホ
Y!mobile
ソフトバンク光 500円
格安SIM・格安スマホ
OCNモバイルONE
OCN光 200円
格安SIM・格安スマホ
BIGLOBEモバイル
ビッグローブ光 最大300円

 

例えば「OCN光」と格安SIM「OCNモバイルONE」をセットで利用した場合・・・

 

ファミリータイプ
(戸建て)
マンションタイプ
(集合住宅)
OCN光 5,100円 3,600円
OCNモバイルONE 1,180円~
OCN光モバイル割の適用で
980円~
合計 6,080円~ 4,580円~

 

このように毎月の料金がとてもお得になるため、少しでも安く抑えたい人はセットで利用するのもおすすめです。

 

 

格安SIMと光回線のセットでお得にしたい人はぜひこちらの記事も要チェック!

まとめ

料金重視の人は相場よりも月額料金がお得な光回線を契約するのもいいですが、今回ご紹介したように、スマホとセットで光回線を利用するとさらに毎月の料金がお得になる場合もあるので、ぜひこれらを参考に自分にあった方法でお得な光回線を探してみてくださいね!

 

キャッシュバックもお得に手に入れるなら!

光コラボの申し込みサイトはこちら