契約前にチェック!安くてお得なプロバイダーとは?

その他光回線の比較

最近は光回線(フレッツ光)とプロバイダーをセットで提供している光回線サービス「光コラボレーション(光コラボ)」も人気を集めていますが、中には「やっぱりフレッツ光の方がお得なのでは?」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで当コラムでは、回線とプロバイダーをそれぞれ契約する「フレッツ光」の方がお得なのか?

それとも回線とプロバイダーがセットになった「光コラボ」の方がお得なのか?

少しでも安くてお得なプロバイダーを契約したい方に、おすすめのプロバイダーを検証していきます!

プロバイダーの選び方

料金はもちろん、サポートやセキュリティなどサービス内容もプロバイダーによってそれぞれ違うため、やはりより快適な通信環境でインターネットを利用するなら、少しでも自分にあったプロバイダーを契約するのがおすすめ!

ですが、回線とプロバイダーがセットになっている光コラボの場合、プロバイダーは指定されていることが多いため・・・

「ここのプロバイダーがいい!」など好みのプロバイダーがある人は、プロバイダーが別契約の「フレッツ光」がおすすめです!

フレッツ光なら多くのプロバイダーに対応しているので、自分好みの組み合わせで契約することが可能。

自宅の通信環境をより自分好みにこだわりたい人にとっては、このようにプロバイダが選べるのはメリットですが、インターネットに詳しくない人や料金の安さ重視の人は、回線とプロバイダーがセットになった光コラボの方が向いているかもしれません。

回線とプロバイダーがセットになった光回線「光コラボ」とは?

今までは「回線」といえば、NTT東日本/西日本が提供する光回線「フレッツ光」が人気を集めていましたが、最近ではフレッツ光の卸しを受けプロバイダーとセットにし提供している光回線サービス「光コラボレーション(光コラボ)」や、独自の回線サービスを提供している光回線など種類がいくつか増えてきました。

そのため、用途にあわせて選ぶのもポイントとなります!

 

① 「光コラボ」
フレッツ光の回線とプロバイダーがセットになった光回線サービスのため、フレッツ光同様高品質!

光コラボOCN光・ドコモ光・BIGLOBE光・@nifty光・@TCOMヒカリ・So-net光プラスなど

 

② 「独自の光回線」

独自の回線とプロバイダーをセットにして提供している光回線サービスのため、フレッツ光よりも通信速度が速いプランを提供しているキャリアもあるが提供エリアが限られている。

独自の光回線NURO光・auひかりなど

プロバイダーの料金比較

それでは、「フレッツ光」とプロバイダーをそれぞれ契約した場合と、回線とプロバイダーがセットになった「光コラボ」を契約した場合、料金はいくらなのか。

プロバイダーの料金を比較してみましょう!

「フレッツ光」と人気プロバイダーを契約した場合

フレッツ光の料金

マンションタイプ
(集合住宅)
ファミリータイプ
(戸建て)
東日本 3,050円~4,050円
+プロバイダ料金
4,600円
+プロバイダ料金
西日本 2,850円~3,950円
+プロバイダ料金
4,300円
+プロバイダ料金

 

フレッツ光のマンションタイプは建物設備や世帯数によって料金プランが異なるため、住んでいる建物のプランが気になる人は、フレッツ光の公式サイトにてチェックしてみてくださいね!

 

 

「フレッツ光」と人気「プロバイダー」を契約した場合の料金

プロバイダー マンションタイプ
(集合住宅)
ファミリータイプ
(戸建て)
OCN+フレッツ光 東日本
3,950円~4,950円
西日本
3,750円~4,850円
東日本
5,700円
西日本
5,400円
BIGLOBE+フレッツ光 東日本
3,850円~4,850円
西日本
3,650円~4,750円
東日本
5,600円
西日本
5,300円
@nifty+フレッツ光 東日本
4,000円~5,000円
西日本
3,800円~4,900円
東日本
5,600円
西日本
5,300円
So-net+フレッツ光 東日本
3,950円~4,950円
西日本
3,750円~4,850円
東日本
5,600円
西日本
5,300円
@TCOM+フレッツ光 東日本
4,250円~5,250円
西日本
4,050円~5,150円
東日本
5,800円~
西日本
5,500円~

 

フレッツ光とプロバイダーを契約した場合、マンションタイプなら最安値の料金プランでも4,000円前後、ファミリータイプは5,500円前後となっていますね。

人気プロバイダーと回線がセットになった光回線「光コラボ」を契約した場合

光コラボ マンションタイプ
(集合住宅)
ファミリータイプ
(戸建て)
OCN光 3,600円 5,100円
BIGLOBE光 3,980円 4,980円
@nifty光 3,980円 5,200円
So-net光プラス 4,480円 5,580円
@TCOMヒカリ 2,900円~ 3,900円~

 

回線とプロバイダーがセットになっている光回線「光コラボ」を契約した場合、最安値の料金プランならマンションタイプは月額2,900円~、戸建てタイプは月額3,900円~とフレッツ光よりもお得ですね!

そのうえ、光コラボなら回線とプロバイダーがセットになっているので、契約もひとつの窓口で完結。

インターネットに詳しくない人や料金の安さ重視の人にはぴったりではないでしょうか。

またフレッツ光では、現在工事費が無料になるキャンペーンなどを実施していませんが、「BIGLOBE光」・「@TCOMヒカリ」なら、現在工事費が実質無料になるキャンペーンなどを実施しているので、初期費用もお得にすることができます!

番外編!プロバイダーが選べる光回線

実は「フレッツ光」だけでなく「ドコモ光」や「auひかり」もプロバイダーを選ぶことが可能!

ドコモ光

ドコモ光の場合、タイプAまたはタイプBの中から好きなプロバイダーを選ぶことができます。

【タイプA】対応プロバイダ
  • ドコモnet
  • ぷらら
  • GMO
  • @nifty
  • DTI
  • BIGLOBE
  • ANDLINE
  • Tigers-net
  • エディオンネット
  • BB.excite
  • hi-ho
  • スピーディアインターネットサービス
  • IC-NET
  • SYNAPSE(シナプス)
  • 楽天ブロードバンド
  • @ネスク
  • TikiTiki
  • 01光コアラ
【タイプB】対応プロバイダ
  • OCN
  • @T COM
  • TNC
  • ASAHIネット
  • WAKWAK
  • @ちゃんぷるネット

 

ドコモ光の月額料金

マンションタイプ
(集合住宅)
ファミリータイプ
(戸建て)
タイプA 4,000円 5,200円
タイプB 4,200円 5,400円

 

さらにドコモ光はドコモの携帯・スマホとセットで利用すると、毎月携帯・スマホの料金が割引されるため、ドコモユーザーでプロバイダーにもこだわりたいという人にはおすすめです。

auひかり

auひかりも以下の対応プロバイダーの中から選ぶことができます!

【対応プロバイダ】
  • au one net
  • @nifty
  • @T COM
  • ASAHIネット
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

 

auひかりの月額料金

マンションタイプ
(集合住宅)
ホームタイプ
(戸建て)
3,400円~5,000円
※建物の設備や世帯数によって異なります
5,100円

 

auひかりもauの携帯・スマホとセットで利用すると、毎月携帯・スマホの料金が割引されますが、auひかりはKDDIが提供する独自の光回線のため、提供エリアが限定されています。

ですがauの携帯・スマホとのセット割引(auスマートバリュー)は「BIGLOBE光」・「@nifty光」・「@TCOMヒカリ」・「So-net光プラス」でも適用可能!

まとめ

少しでも安くてお得なプロバイダーを契約したい人におすすめのプロバイダーを検証してきましたがいかがでしたか?

このように、プロバイダーの種類はたくさんありますが・・・

料金の安いプロバイダーを契約したい人は、今回比較した中で断トツの最安値だった回線とプロバイダーがセットになった「@TCOMヒカリ」なら、お得に高速通信を利用することができるのでおすすめです!

@TCOMヒカリなら、工事費もお得になるキャンペーンを実施しており、さらに加入特典として最大33,000円のキャッシュバックも実施しているので、お得に契約したい人はぜひキャンペーンサイトもチェックしてみてくださいね。

 

契約特典でキャッシュバックもお得にGETするなら▼

光コラボ比較サイトはこちら